熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の記事のなかで、天芯農場のモットーは
「人づくり 土作り 物作り」 
とご紹介しました。
今日はそのなかの「人作り」について。

天芯農場では、スタッフも含め、いろいろな形で「人作り」に取り組んでいます。
その中の筆頭選手が澤村社長の長男、光大くん
熊本農大の33期生プロジェクト学習成果発表会で、熊本県の代表に選ばれたりと大活躍の学生生活を終え、4月2日より熊本県農業研究センターで働くことが決まり、いよいよ巣立ちの時を迎えました。
これからの活躍に期待のかかるエースです。

kodai1.jpg

その光大くんの、農大の同級生が、「かっちゃん」こと勝田くん。3月よりこの天芯農場で1年間の研修に来ています。笑顔が爽やか
天芯農場の事務所2階には、研修生用の個室があり、ここに住み込みで研修しています。
熊本県南部の芦北出身で、週末は芦北で過ごします。
学生時代は大学のバレー部と社会人バレー部に所属し、キャプテンまで勤めていたエースです
(残念ながら、彼女あり…笑)
この1年でどんな成長を見せてくれるか、楽しみです。

katsuta1.jpg

そのかっちゃんと同じく、住み込みで研修に入ったのが、山口県出身の佐藤さん。
もともと事務の仕事をしていましたが、一念発起で農業を目指し、山口県で有機農業の研修を受けていました。
「自分の目指す農業をしたい」という熱い想いを胸に、天芯農場にやってきました
同じ志をもつ方との出会いも楽しみながら、研修に取り組みます。(パートナーも募集中とのこと
moblog_15ee63f3.jpg

3月中で研修を終え、巣立っていったのが熊本県有機農業研究会の研修生清村さん。昨年8月からの研修を終え、いよいよ自分の畑で新規就農します。
中国人研修生とも仲が良く、会話の引き出しがたくさんあった清村さん。
新しいスタートをスタッフ一同応援しています
その隣に移っているのは、同じ仲間の上田さん。この方は一日体験と圃場見学にいらっしゃいました。
kensyu2.jpg

新年度を迎えた天芯農場、出会いも旅立ちもありますが、それぞれの新生活にエールを送りつつ私たち自身の日々の仕事も新鮮な気持ちで取り組みたいと思います。

新年度もどうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

[2012/04/02 11:38] | 肥後あゆみの会
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。