熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
木曜日は、トマト、スナップえんどうの収穫と出荷作業でばたばたと忙しい天芯農場です。

今日は、ぷくぷくと大きく育っているスナップエンドウをご紹介します

天芯農場のスナップエンドウは、もちろん有機栽培です
寒さで凍ってしまった冬を乗り越え、パリッと美味しい実がたわわに実っています。

暖かくなって虫もそろそろ出てきたので、虫対策もしています。
写真右手の黄色い板は、大切な成長点(ツルの先端部分)が食べられないようにつける、農場用のハエ取り紙みたいなものです。
害虫の「黄色を好む」という性質を利用したもので、効果も高い優れものです。(この板の拡大図は…恐ろしすぎてお見せできません…^^;)
また、成長が進むにつれて、枝が込み入ってくると、うどんこ病などの病気が発生してしまうので、脇芽が伸びすぎないように、丁寧に剪定します。
こうすることで、見た目も美しく病気も少ない畑になります
スナップ圃場

また、スナップエンドウは白いスイートピーのような花が咲き、その下に実がついていくのですが、この花弁が実は問題なんです…。
残った花弁が枯れていく過程の中でカビやウィルスなどの菌に侵されてしまい、それが原因になってスナップエンドウの実や葉に病気が入ってしまうのです。
このため、スタッフが一つ一つ丁寧に花弁を外す作業をしています。
このひと手間が、元気でおいしスナップえんどうになるのです。

スナップ2

ところで…
スナップは、「ハ」の字のように実が付きます。
ハハハハハハハ
笑顔がこぼれるスナップえんどう、どうぞお召し上がりください
スナップ1

スポンサーサイト

[2012/03/15 14:47] | スナップエンドウ
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2012/03/28(Wed) 15:46:06 |