FC2ブログ
熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
start.jpg
3連休最終日の9月25日日曜日。
肥後あゆみの会代表 澤村が副会長を務める宇城市有機農業推進協議会の稲刈り体験会が開催されました

6月に田植え体験会をした小川町の田んぼには、ゆったりと稲穂が頭を下げていました。
karu.jpg
振興局スタッフからの説明を受けた後、1家族に1本用意された鎌で、ちびっこたちも稲刈り体験!
稲刈りで使う鎌は、のこぎりのようにギザギザの刃。繊維質の稲もザクッザクッと切ることができます。その分もしも手を切ってしまうと大変なことに
それだけ注意しながら、どんどん稲が刈られていきます。

刈り終わった稲は、4~5束ずつを束ねて、藁で縛っていきます。
天芯農場の澤村社長も、鮮やかな手さばきでレクチャー。
手早く束ねていますが、慣れないうちはこれが結構難しい…。
tabaneru.jpg

束ねた稲は、予め組んであった竹竿に干していきます。天日干しすることで、稲の栄養が全てお米に凝縮されていきます。時間と手間はかかりますが、お日様や風など、自然の力を借りて、お米はおいしくなるのです

tenpibosh.jpg

hosu.jpg

稲刈りの後は、お楽しみのランチタイム&交流会
この日のランチには、宇城市有機農業振興局に参加する農家さんの作った有機野菜がたっぷり!
しかも、作るのは野菜ソムリエさんたち
lunch.jpg
お品書きは
*古代米入りおむすび(もちもち美味しい
*ピザ(窯焼きです
*ゴーヤと梨の卵サラダ(ゴーヤなのに苦くない
*里芋の甘辛揚げ(もっちりおいしく大人気
*大豆揚げ(かりっとおいしく、子供たちが争奪戦

おいしいランチをいただいた後は、スタッフの皆さんの自己紹介タイム。
野菜ソムリエの一人でもある天芯農場の奥さん(写真右から2番目)も、今日の料理への想いや日頃の感謝を参加者の皆さんに語りました。
shioya2.jpg

副会長である澤村社長も、有機農業への熱い想い、消費者である参加者の方々を語りました。
印象的だったのは、
「未来の子供たちにいいもの(野菜)を」
という言葉。
目先の利益に目を向けた刹那的な農業ではなく、次の世代を育む農業をこれからも目指していきたいと思います。
shioya1.jpg

<追記>
この日収穫したはもち米は12月17日(日)に、宇城彩館で開催される有機フェアで、お餅つきをしてふるまわれる予定です
田植え・稲刈りに参加していない方もお越しくださいね
詳細はまたこのブログでもお知らせします
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:ライフ

[2011/09/26 10:14] | イベント
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: