熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの出荷が始まる中、天芯農場の畑の中でも一番海に近い塩浜のハウスには、「塩トマト」という特産のトマトが育っています。

この塩トマト、昔々塩田だった土地に含まれる海の成分がたっぷりふくまれた高糖度のトマトです。
通常のトマトと品種は同じなのですが、一つのハウスの中でも塩トマトになるものとならないものがあるというくらい、とても希少なトマトです。

通常のトマトは↓このように、均一な緑色をしていて、幹も頑丈なのですが、




塩トマトはヘタの下あたりの色が濃い緑色になり、緑と黄緑色の2トーンになります。(違い、分かりますか…本物を見比べるともっとわかりやすいんですよ




塩トマトになる苗は、幹も細く、実も葉っぱも小さ目なのが特徴です。塩田の成分によりこのような姿になるのですが、厳しい環境を生きる力にして実らせたその実には、有機トマトとはまた別の、凝縮された糖分と栄養がつまっています。
収穫までにはまだしばらくかかりますが、塩田育ちの塩トマト、お届けできる日をどうぞお楽しみに
スポンサーサイト

FC2blog テーマ: - ジャンル:ライフ

[2011/11/02 10:00] | トマト
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2011/11/25(Fri) 14:09:53 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。