FC2ブログ
熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
2月もあっという間に終わろうとしており、梅の花や菜の花を見かけるようになり春の訪れが近づいてきました。

先日、従業員が初めて天恵緑汁の仕込みにチャレンジしました。

有機圃場の2/2に植付をしたトマトの脇芽を摘み、それにマスコバド糖(黒糖)をまぶし漬け込みました

天恵緑汁仕込2
朝摘みの脇芽が大量に届きました。
天恵緑汁仕込3

天恵緑汁仕込5
オレンジの樽に、トマトの脇芽を入れマスコバド糖をまぶし混ぜ込み、次のトマトの脇芽、マスコバド糖と繰り返し入れていきます。

天恵緑汁仕込1

天恵緑汁仕込6

天恵緑汁仕込7
樽満杯に漬け込んだトマトの脇芽も黒砂糖の浸透圧で一日経つと、ずいぶん下がり天恵緑汁が抽出されます。

1~2週間経つと完成し、活性剤としてトマトに散布されます。

天恵緑汁散布

今回初めて天恵緑汁仕込にチャレンジした社員は、
想像以上に大変だったようで、
「これをいつも社長が一人でされてたのか・・・」
と経験して初めて苦労がわかったようです。
一つずつ一つずつ、技術の継承が行われております。

スポンサーサイト




[2021/02/26 10:02] | トマト
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: