FC2ブログ
熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
本格的な梅雨ですね
前回のブログから1か月が経過してしまいました

天芯農場の5~6月はトマトの収穫の最盛期で、とにかく毎日忙しく過ごしています。
農繁期中のあれこれは、改めてUPしますね

久しぶりのブログ記事は、6月24日に開催された宇城市有機農業推進協議会の親子田植え体験会です(※Facebookページにリンクしています)。

肥後あゆみの会の、澤村社長が副会長を務め、各農家も参加しているのがこの協議会です。
田植え体験会は、参加家族(消費者)に有機農業を体験していただきながら、農家との交流を図るイベントで去年も開催されました。
今年はあいにくの大雨で、残念ながら田植えは中止になりました(苗の生育の関係で、来週に延期、ができないのがつらいところです…

でも、そんなアクシデントも交流会会場風の館塩屋でのじゃんけん大会で、参加者みんなが笑顔になりました

その気になる内容は…
協議会に参加する農家さんが1人ずつ(ご夫婦の場合は2人、研修生がいるところはスタッフ全員で)自己紹介をしていき、その後各農家特製の農産物や加工品を賞品にじゃんけんする、というもの。

肥後あゆみの会からは、澤村社長が登場!
有機農業について熱く語った後、澤村家自慢の「塩畑トマトピューレ」をかけてじゃんけんしました

moblog_5caaad4e.jpg

澤村社長からのメッセージを要約すると、

「今の農業は『形がいい』というものが『いい野菜』とされているけれど、有機野菜はたとえ形がよくなくても『いい野菜』なんだということを消費者の方々にもっとご理解いただきたい」

というものでした。
3・11以降、農業、特に有機栽培について価値が見直されるようになっていますが、もう一度ブログを読んでくださっているみなさんにも本当に「いい野菜」がどういう野菜なのか、ということを改めて考えるきっかけになっていただければと思います。

続いて登場したのは、中川果樹園の中川さん。柑橘を中心に栽培されています。
柑橘類の出荷が終わってしまったので、肥後あゆみの会の「有機いちごジャム」を景品にじゃんけんしました。
ちなみに、このイチゴジャムは、昼食のときにデザートで試食もできましたよ

moblog_efaeb78a.jpg

松本農園の松本さん。今はプラムが最盛期です。この日は、よく知られる赤いプラムのほかに、黄色い品種のプラムも用意してくれました
moblog_7d79bceb.jpg

倉富果樹園の倉富さん。やはりかんきつ類の栽培をしています。出荷時期がすぎてしまったので、肥後あゆみの会の塩畑トマトピューレを賞品にした勝負でした。
moblog_bca9ce16.jpg

そんなじゃんけん大会の後は、この日一番のお楽しみランチタイム
tauelunch.jpg

材料はもちろんすべて各農家さんの有機野菜です。
大き目おにぎり2個(お赤飯&わかめごはん)、かぼちゃのサラダ、こだわり卵の卵焼き、ミニトマト、キュウリの浅漬け。写真以外にも熟成させた奈良漬のようなお漬物と、野菜たっぷりの豚汁(この里芋がかなり美味でした!!)。
デザートは松本さんの黄色いプラムに、メンバー農家の奥様特製のおまんじゅう、これにいちごジャムまたは生姜ペーストを添えたヨーグルトが付いた、豪華メニューでした

次回は9月下旬に稲刈りです
スポンサーサイト

[2012/06/26 10:30] | 未分類
トラックバック:(1) |