FC2ブログ
熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
木曜日は、トマト、スナップえんどうの収穫と出荷作業でばたばたと忙しい天芯農場です。

今日は、ぷくぷくと大きく育っているスナップエンドウをご紹介します

天芯農場のスナップエンドウは、もちろん有機栽培です
寒さで凍ってしまった冬を乗り越え、パリッと美味しい実がたわわに実っています。

暖かくなって虫もそろそろ出てきたので、虫対策もしています。
写真右手の黄色い板は、大切な成長点(ツルの先端部分)が食べられないようにつける、農場用のハエ取り紙みたいなものです。
害虫の「黄色を好む」という性質を利用したもので、効果も高い優れものです。(この板の拡大図は…恐ろしすぎてお見せできません…^^;)
また、成長が進むにつれて、枝が込み入ってくると、うどんこ病などの病気が発生してしまうので、脇芽が伸びすぎないように、丁寧に剪定します。
こうすることで、見た目も美しく病気も少ない畑になります
スナップ圃場

また、スナップエンドウは白いスイートピーのような花が咲き、その下に実がついていくのですが、この花弁が実は問題なんです…。
残った花弁が枯れていく過程の中でカビやウィルスなどの菌に侵されてしまい、それが原因になってスナップエンドウの実や葉に病気が入ってしまうのです。
このため、スタッフが一つ一つ丁寧に花弁を外す作業をしています。
このひと手間が、元気でおいしスナップえんどうになるのです。

スナップ2

ところで…
スナップは、「ハ」の字のように実が付きます。
ハハハハハハハ
笑顔がこぼれるスナップえんどう、どうぞお召し上がりください
スナップ1

スポンサーサイト

[2012/03/15 14:47] | スナップエンドウ
トラックバック:(1) |
節分を迎えた今日は、この冬一番の冷え込みでした。

スタッフの中でも、
「家の水道が凍った~
「給湯器からお湯が出なかった~
というトラブル続出。

天芯農場でも、まさかまさかの事件がおきました。
それは…


収穫したスナップエンドウが凍ってしまったんです…



普段、スナップエンドウは事務所の戸外にある作業場所で。このように箱詰めして出荷するのですが、今日はこの冷え込みで、いいものを選果して箱に詰めていく途中で豆が凍ってしまう…、という現象がありました。。
ぷくぷく美味しく実ったスナップエンドウも、凍ってしまうと台無しです。。
急遽、作業場所を事務所内に作り、暖かい場所での作業となりました。
今年の冬の寒さ、侮れません。。

***
そんなピンチの中、奥さんがストーブの上でおまんじゅうを焼いてくれました
香ばしい匂いとあんこのほどよい甘さで、心もほっとあたたまるおやつタイムでした

引き続き、箱詰め作業がんばります






FC2blog テーマ: - ジャンル:ライフ

[2012/02/03 10:29] | スナップエンドウ
トラックバック:(0) |
寒中お見舞い申し上げます。
冬本番の季節ですが、天芯農場のスナップエンドウ畑では、ぷっくり大きく育ったスナップエンドウの収穫中です


熊本農大の研修生・月野さんと山中さんと一緒にネットを張った、思い出の畑には、スイートピーに似た真っ白な花と、ぷっくり大きくなったスナップエンドウが、一足早い春を感じさせてくれます。

…というと、ハウスの中はとても温かいと思われがちですが、実はスナップエンドウは寒さに強く、気温が上がりすぎる方がよくないのです。なので、スナップエンドウのハウスの中は天気のいい日は心地よい春のようですが、太陽の届かない曇り空の日の収穫中は、やっぱり寒い
※温度調整をしているので、一定温度になると暖房が入るシステムにはなっています。

この「寒さに強い」というスナップエンドウの利点は、ハウスの暖房を最低限にできる、ということです。
環境にやさしい農業に取り組む天芯農場にとって、冬場のハウス栽培で使う暖房の重油も、なるべく最小限にしたいという気持ちがあります。その気持ちに応えてくれる農作物がスナップエンドウ、というわけです
地球にも体にもおいしいスナップエンドウ、ぜひぜひご賞味くださいね

FC2blog テーマ: - ジャンル:ライフ

[2012/01/21 10:34] | スナップエンドウ
トラックバック:(0) |