熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この冬は、大寒波やその時に降った大雪の影響などの対応で、ブログ更新も止まってしまっていました。。
3月に入り、ここ数日はとても気持ちのいい晴天が続いていて、野菜もスタッフも元気な肥後あゆみの会 天芯農場です

***

今年の冬は、12月から約3か月、北海道から新人農家の保井さんが冬の農閑期を利用した研修として天芯農場で一緒に働いていました。

blog2ショット
保井さんは、大学卒業後、一昨年の春から実家を継ぎ、稲や小麦、大豆のほかトマトや長ネギを栽培していて、大学時代に研究テーマとしていた有機肥料について学びたいという想いから、自家製ぼかし肥料をしている肥後あゆみの会 天芯農場に長期滞在してくれました。
blog集合2
研修中は、同世代の多い男性スタッフたちと一緒に仕事をしました。とても仲良くなり、同じ農業を目指す者同士の絆が生まれていました。

blogHM2ショット

中でも、滞在中天芯農場の敷地内にある寮で一緒に過ごした前田君とは、仕事だけでなく食事もともにしていたので、兄弟のように仲良くなっていました。
blogHM2ショット

保井さん、3か月間、本当にお疲れ様でした!
北海道でも頑張ってくださいね!
スポンサーサイト

[2016/03/07 14:54] | 人づくり
トラックバック:(0) |
11月も20日を過ぎて、ずいぶんと寒くなってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

天芯農場もハウスのビニル張りや、ハウス内の暖房用ダクトの準備など、冬支度を急ピッチで進めています

そんな慌ただしい農園に、熊本農大の新規就農支援研修の研修生、月野さん(写真左)と山中さん(写真右)が3週間の研修に入りました。



月野さんは事務所の2階に泊まり込み、山中さんは片道約1時間半の道のりを3週間毎日通われました。研修期間中は、玉ねぎやトマトの収穫をしたり、育ったトマトの誘引をしたりと、スタッフと同じ作業をしながら、有機農業や自然栽培について実践していただきました。




 熊本県有機農業研究会の研修生清村さん(9月より来春まで天芯農場で研修中)、3月からスタッフになった樅木パパも交えながら、将来の展望について語ったり、お互いによい刺激を受けていただけました。
農園にとっても、志のある方とご縁ができることはとても大切な財産。
研修後も末永くよろしくお願いします!

ご活躍、楽しみです

[2011/11/21 11:02] | 人づくり
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。