FC2ブログ
熊本県宇城市不知火町で自然農法・有機栽培に取り組むトマト農家の日記。農場での日々のことを中心に、お野菜情報・野菜ソムリエ直伝のおいしいレシピ・イベント情報などなど綴っていこうと思っております。
すっかり春になってまいりましたね~

1月下旬~2月にかけて植付したトマトもグングン成長しております
春トマト

写真は1段花ですが今はもう3段花が咲いております
トマトの花

1段果の実がつき少しずつ大きくなり始めています
4月下旬には出荷が始まり5月のゴールデンウィークには最盛期を迎えます
皆さんの食卓にお届けできるのはあと1ヶ月程かかりそうです
それまで楽しみにお待ちくださいませ
トマトの実

先日社長が「令和2年度 農林水産省 未来につながる持続可能な農業推進コンクール」にて表彰されました
写真は従業員みんなでお祝いの記念にさくらんぼのきれいな花の前で集合写真を撮りました
おめでとうございます!
桜の木の下で
スポンサーサイト




[2021/03/15 15:33] | トマト
トラックバック:(0) |
2月もあっという間に終わろうとしており、梅の花や菜の花を見かけるようになり春の訪れが近づいてきました。

先日、従業員が初めて天恵緑汁の仕込みにチャレンジしました。

有機圃場の2/2に植付をしたトマトの脇芽を摘み、それにマスコバド糖(黒糖)をまぶし漬け込みました

天恵緑汁仕込2
朝摘みの脇芽が大量に届きました。
天恵緑汁仕込3

天恵緑汁仕込5
オレンジの樽に、トマトの脇芽を入れマスコバド糖をまぶし混ぜ込み、次のトマトの脇芽、マスコバド糖と繰り返し入れていきます。

天恵緑汁仕込1

天恵緑汁仕込6

天恵緑汁仕込7
樽満杯に漬け込んだトマトの脇芽も黒砂糖の浸透圧で一日経つと、ずいぶん下がり天恵緑汁が抽出されます。

1~2週間経つと完成し、活性剤としてトマトに散布されます。

天恵緑汁散布

今回初めて天恵緑汁仕込にチャレンジした社員は、
想像以上に大変だったようで、
「これをいつも社長が一人でされてたのか・・・」
と経験して初めて苦労がわかったようです。
一つずつ一つずつ、技術の継承が行われております。


[2021/02/26 10:02] | トマト
トラックバック:(0) |
大変ご無沙汰しております。

先日からの台風9号、10号については、皆様に大変ご心配をおかけしました。

おかげさまで、たいした被害もなくトマトの苗に影響はございませんでした。

今のところ、予定通り10月からの出荷に間に合いそうです。

台風は今回で終わりではありませんので、まだまだ気は抜けませんが、
これ以上台風がこないことを祈ります。

7/31に定植したトマトも猛暑の中頑張って成長し、今2段目の花をつけおります!!

食卓にお届けできるまで、今しばらくお待ちくださいませ。

産山とまと



[2020/09/08 15:01] | トマト
トラックバック:(0) |
先日からの大雨で、たくさんの方々にご心配をおかけしておりますが、今のところ、通常通り稼働しております。

おかげさまで6月30日に不知火圃場、八代圃場ともに有機トマトの今期の収穫を完了いたしました。
今年は暖冬だったせいか、トマトの成長も早く、豊作と言っていいほど収穫することができました。
過去最高の収穫高だったのではないかと思います。

消費者のみなさん、取引先関係者の方々、トマトが多い時も少ない時もご配慮、ご協力いただきありがとうございました。

そして、ついに阿蘇郡産山村に新しいハウスが完成し、7月1日にトマトの植付に行ってきました。
産山ハウス

☂のため、周りの景色を眺めることもできませんでしたが、閑静な山の小高いところに9連棟のハウスが立っていました。
まず、初めに社長から植え付けについて手ほどきを受け、気を付けることなどを確認して、作業に入りました。
産山植付1


産山植付5

産山植付4


5500本もの苗を従業員14名で丁寧に植付、お昼過ぎには植付完了しました。
潅水される社長を産山に残し、従業員は下山しました。
今回植え付けたトマトは、9月中旬には出荷する予定です。
年中通してトマトの出荷ができるよう、益々精進してまいります。

これからも、どうぞご期待ください!!

[2019/07/02 12:06] | トマト
トラックバック:(0) |
美味しくて、安全で体に良い農産物作りをどこまで私たち農業者が完成できるのか、就農して40年、いろいろな取り組みに挑戦してきました。結果、身の回りにあり、手に入りやすい資材、日本は稲作文化であるため、副産物として、米ぬかが手に入ります。
私たち肥後あゆみの会では、肥料の50%を米ぬかでまかない、海から魚、カニ、カキガラ、昆布、畑から菜種粕、山又は河川岸に成育するカヤ、ヨシ等の野草を利用した堆肥を圃場に投入してきました。
土の中は私たち人間のお腹と同じだとすればあまり栄養価を高くせず、土壌中の微生物の種類と数を豊かにすることが旨味・コクがある農産物が生産されることに気づきました。旨味・こく・味・香りは肥料成分でなく、微生物そのものであるのではないかと感じるこの頃です。
食べていただく消費者の皆さんが健康になる農産物作りを次世代へ継承し、日本の農業を守り続けていきます!!
                             肥後あゆみの会天芯農場
                              代表 澤村 輝彦 59歳

2019トマト栄養成分分析結果表-3

今年のトマトも分析の結果、高評価をいただきました!!
抗酸化力、ビタミンC含有量が高いようです。
抗酸化力って、老化防止と聞きますよね?そう、女性が好きな言葉「アンチエイジング」ですね!

有機トマトを食べて、若返り、きれいになりたいものですね。

現在、トマトの最盛期です!!農繁期真っ只中でへとへとですが、
消費者の方々から
「今年も美味しかったです。」「待っておりました!」「楽しみにしているので頑張ってください」
とメッセージをいただき、その言葉を励みに頑張りたいと思います!!

[2019/05/15 21:09] | トマト
トラックバック:(0) |